四字熟語 読書百遍 

 東京・千葉・神奈川・埼玉全域対応 家庭教師の熱血先生
家庭教師の熱血先生 フリーダイヤル相談無料0120-840-712
 
 
 
MENU 家庭教師の熱血先生 HOME
 
熱血先生の家庭教師システム
 
料金のご案内
 
お申し込みからスタートまで
 
ご家庭からの声
 
よくある質問[Q&A]
 
インフォメーション
 
お問い合わせ
 
先生無料お調べサービス
 

無料指導キャンペーン
実施中!

家庭教師の熱血先生では、ご入会の方全員に無料指導を受けていただけるキャンペーンを実施中です。大変ご好評いただいております。

資料のご請求はこちらからどうぞ。

家庭教師の熱血先生
モバイルサイト

QRコード
http://www.012345.co.jp/m/

東京・千葉・神奈川・埼玉
 
www.012345.co.jp
     
     
 
用語集
 

読書百遍

 
 読書百遍(どくしょひゃっぺん)、と聞くと少し難しい響きかと思いますが、意味として考えるとごくごく簡単なもので、一度読んでも意味が分からなくても、何度も読んでいる内に意味が自然と理解できるようになって来るという意味の四字熟語です。
 

例えば、パッと見ただけでは絶対に分かるはずがない、と思えるような書物があるとします。それを一度読んだとします。しかし、だけでは文章の断片は頭の中に入ってくることはあるかもしれませんが、その文章が伝えようとしている意味を理解するまでにはいたりません。しかし、二度、三度とその書物を読んでいる内に自然と頭の中に内容が入り込んで来るものなのです。読書百遍の百編という言葉は少々言い過ぎかも知れませんが、それくらい繰り返し読むことが出来れば間違いなくその書物の知識は貴方のものとなっているでしょう。

良い例を1つ紹介しておくと、マンガがあります。自分の好きなマンガというのは、一度読んでいたとしても、もう一度、また一度と繰り返し読んでしまうことが殆どだと思います。何度も同じマンガを読んでいると、「次はこの場面が出てくる」とか、「こうなってああなる」など、キャラクターの台詞や行動までも、知らず知らずの内に頭の中に焼き付いている、という経験があるはずです。

勉強もこれと同じで、最初は全然内容が掴めない問題でも、二回、三回と解いていく内に自然と頭の中に答えが出てくる物なのです。一度できなくても諦めない心、何度もチャレンジするという心が大切だと言うことです。

家庭教師の熱血先生でも、一度できない問題でも1つ1つ、ゆっくり確実に覚えさせていくような指導を心がけています!


 

四字熟語ことわざ