四字熟語 以心伝心 

 東京・千葉・神奈川・埼玉全域対応 家庭教師の熱血先生
家庭教師の熱血先生 フリーダイヤル相談無料0120-840-712
 
 
 
MENU 家庭教師の熱血先生 HOME
 
熱血先生の家庭教師システム
 
料金のご案内
 
お申し込みからスタートまで
 
ご家庭からの声
 
よくある質問[Q&A]
 
インフォメーション
 
お問い合わせ
 
先生無料お調べサービス
 

無料指導キャンペーン
実施中!

家庭教師の熱血先生では、ご入会の方全員に無料指導を受けていただけるキャンペーンを実施中です。大変ご好評いただいております。

資料のご請求はこちらからどうぞ。

家庭教師の熱血先生
モバイルサイト

QRコード
http://www.012345.co.jp/m/

東京・千葉・神奈川・埼玉
 
www.012345.co.jp
     
     
 
用語集
 
以心伝心
 
 以心伝心、という四字熟語に関しての説明ですが、以心伝心という言葉は、元々仏教用語として用いられていたそうで、言葉や文字などを用いて説明することが簡単では無かった仏法の神髄(しんずい)を師匠から弟子へ伝えること、と言うことで以心伝心という言葉が生まれたそうです。
 

以心伝心は、訓読みで、「心を以て心に伝ふ」と読むそうです。つまり、言葉や文字を用いらなくても、お互いの意志が自然と分かってしまうということです。それくらい心が通じ合っているとも言えますね。例えば、幼稚園・小学校からの付き合いで、長い付き合いから、その人が次に何をするかが分かり、尚かつそのサポートまで出来るという関係を言います。

かなり理想な関係と言えますが、同時にそこに達するまではかなり長い道のりのように思えます。本当に苦楽を共にした仲間でないとそういった関係にはなれませんよね。かといって必ずしもそのような関係になれるかというとそうでもない、だからこそ人は以心伝心出来るような関係を目指すのかも知れません。もしかするとそういった意思の疎通が出来る人というのは、互いに思いやる事の出来る運命の人なのかもしれないですね。

私たち熱血先生の家庭教師も、以心伝心の考えに習い、勉強を通して家庭教師と生徒という隔たりを超えてみなさまの様々なニーズに対応出来るような関係を目指します!


 

四字熟語ことわざ