ことわざ 弘法にも筆の誤り 

 東京・千葉・神奈川・埼玉全域対応 家庭教師の熱血先生
家庭教師の熱血先生 フリーダイヤル相談無料0120-840-712
 
 
家庭教師の熱血先生HOME用語集 > 弘法にも筆の誤り
 
MENU 家庭教師の熱血先生 HOME
 
熱血先生の家庭教師システム
 
料金のご案内
 
お申し込みからスタートまで
 
ご家庭からの声
 
よくある質問[Q&A]
 
インフォメーション
 
お問い合わせ
 
先生無料お調べサービス
 

無料指導キャンペーン
実施中!

家庭教師の熱血先生では、ご入会の方全員に無料指導を受けていただけるキャンペーンを実施中です。大変ご好評いただいております。

資料のご請求はこちらからどうぞ。

家庭教師の熱血先生
モバイルサイト

QRコード
http://www.012345.co.jp/m/

東京・千葉・神奈川・埼玉
 
www.012345.co.jp
     
     
 
用語集
 

弘法にも筆の誤り

 
 ことわざの意味としては、書の名人と詠われている弘法大師でさえも、時には書き損じる事もあると言うことを説明していることわざです。つまり、どのような優れた人でも間違いは誰にでもあると言うことです。
 

誰でも優れている事が必ず1つはある物です、しかし、いくら優れているからと言って必ずしも失敗しないとは限りません。人間でも動物でも、生き物は必ず失敗をします。

失敗というのは、悪いことでは無いのです。よく、人の失敗を見て笑っている人がいますが、もしかすると、失敗するのが自分かも知れないと言うことを忘れてはいけません。自分が失敗したときに、他人に笑われると良い気持ちではありません。人の痛みは自分の痛みなのです。人のふり見て我がふり直せという言葉もありますので、そのような事は絶対にしないようにしましょう。

失敗は次の成功へのステップです。失敗無くして本当の成功をつかみ取る人間なんてそうはいません。ですから、失敗を悪いことだと思わずに、いくら失敗しても良いと言うくらいの意気込みで何事にも臨みましょう。

 

四字熟語ことわざ