ことわざ 親思う心に勝る親心 

 東京・千葉・神奈川・埼玉全域対応 家庭教師の熱血先生
家庭教師の熱血先生 フリーダイヤル相談無料0120-840-712
 
 
家庭教師の熱血先生HOME用語集 > 親思う心に勝る親心
 
MENU 家庭教師の熱血先生 HOME
 
熱血先生の家庭教師システム
 
料金のご案内
 
お申し込みからスタートまで
 
ご家庭からの声
 
よくある質問[Q&A]
 
インフォメーション
 
お問い合わせ
 
先生無料お調べサービス
 

無料指導キャンペーン
実施中!

家庭教師の熱血先生では、ご入会の方全員に無料指導を受けていただけるキャンペーンを実施中です。大変ご好評いただいております。

資料のご請求はこちらからどうぞ。

家庭教師の熱血先生
モバイルサイト

QRコード
http://www.012345.co.jp/m/

東京・千葉・神奈川・埼玉
 
www.012345.co.jp
     
     
 
用語集
 

親思う心に勝る親心

 
 親思う心に勝る親心…このことわざは、子供が親を思う気持ちよりも、子供を思いやる気持ちの方がはるかに思う気持ちが強いという事を意味したことわざです。親は子供の気持ち全てをひっくるめてもまだあまるくらい子供のことを思っていると言うことです。
 

元々、このことわざは、吉田松陰が「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」という歌を詠んだことからことわざとして定着したとされています。親というのは、いつの時代も子供が思っている以上に子供のことを思っている物なのです。

子供のことを思わない親なんていません。確実に何らかの形で親は子供のことを思っています。生まれたときから成長して、成長期を迎え、反抗期になって大人になっても、親から見れば子供は子供のままなのです。心配しなくても良いと分かっていても心配してしまうものです。親はずっと子供のそばにいられるわけではないのですから、親孝行出来る内に精一杯親孝行してあげましょう。

勉強を精一杯頑張って、良い結果出すというのも、親を喜ばせる方法の1つなのです。


 

四字熟語ことわざ