四字熟語 日進月歩 

 東京・千葉・神奈川・埼玉全域対応 家庭教師の熱血先生
家庭教師の熱血先生 フリーダイヤル相談無料0120-840-712
 
 
 
MENU 家庭教師の熱血先生 HOME
 
熱血先生の家庭教師システム
 
料金のご案内
 
お申し込みからスタートまで
 
ご家庭からの声
 
よくある質問[Q&A]
 
インフォメーション
 
お問い合わせ
 
先生無料お調べサービス
 

無料指導キャンペーン
実施中!

家庭教師の熱血先生では、ご入会の方全員に無料指導を受けていただけるキャンペーンを実施中です。大変ご好評いただいております。

資料のご請求はこちらからどうぞ。

家庭教師の熱血先生
モバイルサイト

QRコード
http://www.012345.co.jp/m/

東京・千葉・神奈川・埼玉
 
www.012345.co.jp
     
     
 
用語集
 

日進月歩

 
 日進月歩という四字熟語についてですが、これは日々、絶え間なく進化していくという意味を含んだ四字熟語です。日進月歩という文字をそのままの意味で読んでみて下さい。日が昇っているうちに多く進み、月が出ているときには歩きながら、少しずつでも良いから進む、という意味が込められています。
 

日々常に進み続ける、そういった心構えが大切と言うことです。一度に大きく進むことが出来るなら、それはそれで良いかもしれません。しかし、自分が多く進めるという慢心(まんしん)から、成長出来る機会を自ら殺してしまうと言う事も時にはあるのです。

皆さんは、「うさぎとかめ」というお話を知っていると思います。足の速いうさぎと足の遅いかめが丘の上までかけっこをするというお話ですね。このお話では、最終的にはうさぎがかめに負けてしまいます。それは、足の速いうさぎが自分は足が速いから、かめなんかにに負けるはずがない、とたかをくくっていた為に昼寝をしてしまい、その隙を突かれて追い抜かれてしまった為です。

何事もこれと同じ事が言えて、最初の時点で差が付いてしまっても、最終的には遅くても、歩幅は小さくても常に努力している人が最後には勝利できると言うことなのです。

人は、常に大きい歩幅で進み続けるといずれ疲れて立ち止まってしまいます。ですから、小さな歩幅でも良いから、少しずつ、確実に進んでいくと言うことが何よりも大切だと言うことを覚えておいて下さい。


 

四字熟語ことわざ